4652_edited.jpg

​ソリューションサポート

​Solution Support

​微酸性電解水生成装置設置

微酸性電解水生成装置の設置

微酸性電解水とは

厚生労働省が2002年6月に食品添加物として認可したほぼ無味無臭、刺激の少ない除菌剤です。

希塩酸を電気分解して生成されたもので、pHはやや酸性よりの微酸性でヒトの肌のpHと同じ範囲です。

「次亜塩素酸」(HOCL)という成分のはたらきにより、細菌類の細胞膜・タンパク質・DNAを傷つけ生存力をなくします。

多くの細菌、カビ、ウイルスに有効です。食品添加物にも指定されており、安心して使用できます。

経済産業省からも微酸性電解水(次亜塩素酸水)の新型コロナウイルスに対する有効性が公表されております。(2020.6.20)

>>詳しくはこちらのページをご覧ください

​(タップでポップアップ表示)

他の除菌剤との比較

他の除菌剤と比較すると、除菌力と安全性に至るまで微酸性電解水が優れているのが判断できると思います。

傷に滲みたり、強い塩素臭などもなく、繰り返し使うことでの手荒れや乾燥がしにくい水溶液です。

設置例

水槽組み合わせ設置例(多水栓・多水量対応用)

微酸性電解水の製造能力

貯留容量

給水量(選択可能)

電源

原水圧

:350ℓ/h

:500ℓ

:17ℓ/min~

:100V×15A×2回路

:0.2~0.5MPa

単体設置例(壁掛仕様)

微酸性電解水の製造能力

電源

原水圧

:350ℓ/h

:100V×15A×1回路

:0.2~0.5MPa

※製造装置は20ton/h迄使用量に合わせて選択できます

​(タップでポップアップ表示)

次亜塩素酸水の製造方法と特徴

(タップでポップアップ表示)

(タップでポップアップ表示)

微酸性電解水と他の電解水の違い

  • 食塩水にて製造した微酸性電解水は金属腐食性が高いです。

  • 当社では食塩水での製法ではなく、希塩酸を電気分解させた製法で製造しています。

原材料によるリスク比較

食塩水を電気分解する製法では、発がん性が認められている臭素酸が生成されます。

希塩酸を電気分解する当社の製法で製造した微酸性電解水では臭素酸は生成されません。

(臭素酸の毒性)*IARC:発癌リスク分類2B「臭素酸カリウムはヒトで発癌の可能性あり」

●米EPA:分類B2「臭素酸は経口暴露でヒトに対して発がんの可能性が高い」

●水道法(日本):0.01mg/ℓ(10ppb)以下

​屋外での容器別残留塩素濃度推移

透明のペットボトルに移し、屋外に放置した場合、

急激に塩素濃度が低下し、除菌力が低下します。

遮光容器での保管をおすすめします。

卵の殻の消臭効果試験

検査日

検体

方法

2017年6月7日(水)〜6月8日(木)

卵40個 購入日2017/6/7(イトーヨーカドー)

[1]卵40個を割り、殻だけをビニール袋に入れて袋の口を縛る。

[2]保温器を40℃にしてその中で保存する。

[3]1日置いて、26時間後に熱をかけて袋内の空気を採取し、臭いセンサーで測定する。

[4]微酸性電解水を袋の中にまんべんなく吹きかけて臭いセンサーで測定する。

測定器:新コスモス電気(株)XP-329IIIR

微酸性電解水スプレー:1Push≒1ml

微酸性電解水:28.3ppm、PH6.14

(タップでポップアップ表示)

​結果

​空のビニール袋の中

卵の殻の入ったビニール袋の中

微酸性電解水をまんべんなくスプレーする。

測定器

105

320

140

臭い

無臭

強い臭い

​無臭

​考察

卵の殻に熱をかけると、強い臭いがしたが、微酸性電解水スプレーをまんべんなくかけ臭いが消えた。

臭気測定器でも、殻の臭いが入ると数値は上がったが、微酸性電解水スプレー後の測定値は半分以下になり、

​空の状態の袋の中の値にかなり戻った。

カナイワ ロゴ.png

株式会社カナイワ​

【本社】

〒921-8027

石川県金沢市神田2丁目9番19号​

TEL:076-244-6447   FAX:076-244-6407

​【白山事業所・白山営業所】

〒924-0028

石川県白山市相川新町728番地

TEL:076-275-8424   FAX:076-275-8349

Copyright © Kanaiwa. All Rights Reserved.