省エネ・環境

Energy conservation and environmental

地中熱利用ヒートポンプ

地中熱利用ヒートポンプ

地中熱を利用することにより、給湯・空調にかかる 費用を大幅に削減できます。

弊社で取り組んでいる環境分野の中で、今脚光を浴び、優れた結果を出しているのが、「地中熱を利用したCO2・光熱費削減システム」です。

映寿会みらい病院様の事例では、昨年2月の重油料金114万円(60円/Lで算出)が重油代は0円になり、代わって電気代17万円と、コストを97万円削減(85%削減)でき、同じように2月、3月と比較すると3ヶ月で合計234万円削減できました。コストと同時にCO2も3ヶ月で前年比合計65%削減できました。 こちらの病院では、このシステムを導入してからの年間計画では、CO2を263t削減する計画です。

これは、ブナの木を年間2万4千本、サッカー場にして24面分毎年植林することと同じ効果で、その環境貢献は大変大きなものがあります。 このシステムは、地下資源活用技術と先端技術の融合により実現した技術で、環境省や経済産業省の補助率の高い補助金の活用が出来ます。

​関連ページ:地中熱・地下水について

CO2とコスト削減

ヒートポンプの導入

空調・給湯用のボイラーをヒートポンプに切り替えます

img_03.jpg

化石燃料を

使用しない

空調・給湯

システム

img_07.jpg

年間削減量
(導入事例)

●ランニングコストの削減
3,200万円 ⇒ 
2,000万円

img_10.jpg

●CO2の削減

365t ⇒ 102t

※設備の状況で変わります

img_12.jpg
img_15.jpg
img_17.jpg
img.jpg